top of page

耳よりな話

更新日:8月1日

 久しぶりに実家に帰省したら、年老いた両親のテレビの音量が爆音だった、

なんてことはありませんか?


 加齢に伴い聴力が落ちる方もいます。聴力低下は、コミュニケーションへの積極性をなくし、認知症発症のリスクを高める結果にも…。


聴力を補うための「補聴器」は、介護保険や健康保険の適応を受けることができません。(難聴の程度によっては、補装具費支給制度(※注)があります)

 このような加齢性難聴のケースには、どのようなサポートが考えられるのでしょうか?


 ご家庭で使うなら「集音機」という選択肢があります。

 ヘッドホン・イヤホン型、置いて使えるスピーカー型、壁掛け型、価格や機能は様々で、テレビ音や人の声を拡張し、聴力を補うことができます。


 これらの集音機はめぐみグループ介護用品ショップ「ゆいま~るめぐみ」でもお取り寄せ注文することができます。

プレゼントにいかがでしょうか?


(※注 支給対象の条件として18歳未満の難聴児対象で

市民税46万円以上の課税世帯はNG)





閲覧数:75回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page